スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

階段の隙間から。

P2131186 (2)
「…じ。」





あれ?姿が見えない、




そう思ったら






P2131188 (2)
「じぃー。」





感じてください。



視線を。





もうね、


ちょっと集中したらばビリビリ感じることができます。





そして、



刺激の先を振り仰げば






P2131188 (3)
※青で囲われた部分にご注目。






います。



しかも、遊び道具持参。





気づいたが最後、



ご期待に応えねば




次見るのは地獄、かも。









P2131189 (3)
「今日もいい仕事したわ」






階段の活用が



日に日に上達する猫あるこ。






だって、





P2131190 (2)
「…なんも見えん」    ※天気がいいと雪に反射して眩しいったらない。





窓の向こうは



雪の壁なのですもの。




日課の外監視が再開される春は



まだまだ遠い。









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
冬ってやつぁ、雪ってやつぁ、ほんとままならねぇ。











スポンサーサイト

- 2 Comments

ふみ丸  

Re: タイトルなし

toranyansanさま


猫あるこの隙間加減は、
怖さ7割可愛さ3割って感じでしょうか。
いつ市原悦子に学んだかは存じませぬが
家政婦業はまったくこなさずのぞき見ばっかりです。

でも
貴宅のみぃさんから覗かれたら
キュンキュンしちゃいます✧(*ノωノ)



2017/02/24 (Fri) 17:36 | REPLY |   

toranyansan  

隙間から見える猫って、
なぜだか可愛く見えるんですよね

あれが人間だったら、
途端にストーカーチックになってしまうわけですがw

2017/02/17 (Fri) 20:55 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。